財団概要

目的

かしわざき振興財団は、貴重な地域資源を活かしながら、スポーツ活動や芸術・文化活動などの振興を図り、市民の健康と豊かな人間性を育む一方、地域産業を発展させることなどによって、柏崎地域への誇りと愛着を創造し、市民福祉の増進に寄与することを目的としています。

沿革

かしわざき振興財団は、昭和51年(1976年)に柏崎市観光公社として設立されました。
更に平成12年(2000年)には、柏崎市体育施設管理公社及び柏崎市文化協会と統合して、その事業を継承するとともに名称を柏崎市観光レクリエーション振興公社へ変更いたしました。
そして、この度、公益法人制度改革に則って平成23年4月1日を以て公益財団法人かしわざき振興財団として新たなスタートを切りました。

昭和51年12月10日 財団法人柏崎市観光公社 設立
平成12年 4月 1日 3財団統合 財団法人柏崎市観光レクリエーション振興公社 設立
平成23年 4月 1日 公益財団法人の認定を受け、公益財団法人かしわざき振興財団へ移行

役員名簿

令和元年6月21日現在

理事(6名)

理事長 猪俣 哲夫
専務理事 中山    徹
理事 新野 良子
  関矢 浩章
  遠藤 春治
              山田 明彦


                                   

監事(2名)

監事 西巻 康之
監事 今井 亨次

評議員(7名)

評議員 行田 宏文
  小林 知明
  佐藤 ちづ子
  白川 信彦
  永宝 幸江
  原  吉隆
  山波   剛